「featured」タグアーカイブ

きょうの献立

 

 

 


金時草のごま和え
ごま和えは珍しい調理方法ではありませんが、材料の金時草(水前寺菜)は山口県では珍しいと思います。
数年前一株だけ680円で購入、以後さし芽で増やし栽培しています。
金時草は

■石川県の伝統野菜

鮮やかな赤紫と緑のコントラストが目を引く「金時草」は、石川県で伝統的に栽培されている野菜のひとつです。原産地は熱帯アジアで、日本へは18世紀に中国から渡来し、熊本県で古くから栽培されていました。石川県での栽培は、江戸時代に金沢の農家が熊本から持ち帰り自家用に栽培したのが始まりといわれており、商品としての栽培が広まったのは昭和に入ってからのようです。
標準和名は「水前寺菜(スイゼンジナ)」ですが、葉の裏面の鮮やかな赤紫色が「金時芋」や「金時豆」に似ていることから、石川県では「金時草(キンジソウ)」と呼ばれるようになりました。
「金時草」の主な産地は金沢市花園地区、白山市鳥越地区、かほく市で、22年度の生産農家数は39戸、作付面積4.4ヘクタール、出荷数量は63トンでした。主な出荷先は石川県内と東京・関西の卸売市場で、旬は6~11月ですが冬の施設栽培との組み合わせで周年出荷されています。

■「金時草」の特徴

見た目の特徴は何といっても葉の色です。表は緑色、裏は赤紫色で、先のとがった長楕円形をしています。食べるとシャキシャキとした食感があり、ゆでるとぬめりが出てきます。
栽培上の特徴は、乾燥に弱く生育の適温が20~25度で、1日の温度差が大きいと葉の裏面の赤紫色がきれいに発色するため、山間部での栽培に適しています。

カラス対策

たぬきの畑のトマト、色づいて「明日は収穫」と思って朝を迎えると赤いのはありません。
またカラスの取られてしまいました。
何とかしなくてはと・・

ビニールで疑似カラスをつくってみました。

不要なCDを吊るしてみました。ネットも張っていますが・・
インターネットで「カラス対策」と検索したら、こんなのを売っていましたので早速購入。

ギラギラ輝く虹色の光でカラスが怖がるとか・・
いづれが効果を奏するか!カラスよ!来ないで!!

農作業の日、お手伝いの方はどうぞ!


ジャガイモ収穫
ダンシャク、キタアカリ、ハルカ、まずまずの出来です。

ズッキーニ、ピーマン、ゴーヤ・・夏野菜が実り始めました。
来週からは夏野菜トッピングのポークカレーが登場です。
珍し野菜の金時草、空心菜も育ってきました。
料理長(たぬきのおばさん)は何時から使うかな!

紅茶に最適のちょっと固めの新葉も憂いい感じです。
大忙しの季節です。

たぬきの庭の花

花の好きなたぬきのおじさん
レストラン周りにはいろんな花があります。

カワラナデシコが入り口付近にいっぱいです。

プチソレーユ(山口県で開発されたユリ)

紀州ササユリ(葉が細く背の高い)

八重咲きドクダミ

ちょっとレアーなイワタバコ

シモツケ
その他数十種の花がたぬきの庭で見られます。
食事のあとゆっくり見てください!

 

「氷見神社みそぎ」参加者募集

氷見神社みそぎ 参加要項

日時:令和元年7月21日(日曜)
午前10時~午後2時半解散予定

集合場所:ニ所山田神社 周南市鹿野上2894
TEL0834-68-3860 ジャージ等軽装可

準備:タオル、保険証、水着(女性のみ、水着の上に白行衣を着用します)
サンダル等(神社から滝へ歩くため)、その他必要と思われるもの。
(ふんどし(男性)、行衣(女性)、はちまきは神社で用意します)
男性で以前参加時にお配りしたふんどしをお持ちの方はご持参下さい。

参加資格:18歳以上の健康な方

参加費:2,000円